2013年12月25日

全員協議会

全員協議会が開催され、次の3件について報告を受けました。
1、岐阜エフエム放送株式会社の事業譲渡・清算について
2、羽島市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について
3、「羽島市子どものいじめの防止に関する条例(仮称)」の制定について

1、岐阜エフエム放送株式会社の事業譲渡・清算については、
岐阜エフエム放送株式会社が、平成26年3月31日を以て解散・清算する事となり、羽島市の出資金(株式 30株 150万円分)
の返却が望めない状況にあるとの報告を受けました。

2、羽島市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正については、
資源ごみの持ち去り防止を盛り込むもので、
罰金・罰則を設けることが検討されています。
今後、パブリックコメントが募集される予定となっております。

3、「羽島市子どものいじめの防止に関する条例(仮称)」の制定については、
いじめ対策推進法の公布に伴うものとして、
条例制定のスケジュール等について、説明がありました。
今後、委員会の開催や、パブリックコメントの募集を経て、
3月議会で条例案が提出される予定とのことです。

以上が、全員協議会での報告事項となります。
ラベル:全員協議会 議会
posted by FujikawaTakao at 11:30| 岐阜 ☁ | TrackBack(0) | 市政報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽島市議会 12月定例会 最終日

羽島市議会 12月定例会最終日
委員会に付託された案件について
委員長から報告がなされた後、討論採決を経て、
以下の27件の議案が可決されました。

議第74号 羽島市民プールあり方検討委員会設置条例について

議第75号 羽島市柔剣道道場設置及び管理に関する条例について
議第76号 羽島市弓道場設置及び管理に関する条例について
議第77号 羽島市屋外運動場設置及び管理に関する条例について
議第78号 羽島市防災ステーション条例の一部を改正する条例について
議第79号 羽島市小口融資条例の一部を改正する条例について
議第80号 岐阜羽島インター南部東地区
        地区計画区域企業立地促進条例について
議第81号 羽島市下水道条例の一部を改正する条例について
議第82号 羽島市上水道事業給水条例及び羽島市簡易水道給水条例の
        一部を改正する条例について
議第83号 羽島市民病院使用料及び手数料徴収条例の一部を
        改正する条例について
議第84号 羽島市文化センター及び羽島市立中央公民館の
        指定管理者の指定について
議第85号 羽島市歴史民俗資料館の指定管理者の指定について
議第86号 羽島市柔剣道道場の指定管理者の指定について
議第87号 羽島市民会館及び羽島市福祉ふれあい会館の
        指定管理者の指定について
議第88号 羽島市いきいき元気館の指定管理者の指定について
議第89号 羽島市老人福祉センター羽島温泉の指定管理者の指定について
議第90号 はしま福祉サポートセンターの指定管理者の指定について
議第91号 羽島市足近コミュニティセンター等の指定管理の指定について
議第92号 羽島市正木コミュニティセンターの指定管理の指定について
議第93号 羽島市指定金融機関について
議第94号 平成25年度 羽島市一般会計補正予算(第4号)
議第95号 平成25年度 羽島市介護保険特別会計 補正予算(第2号)
議第96号 平成25年度 羽島市下水道事業特別会計 補正予算(第2号)
議第97号 平成25年度 羽島市・羽島郡二町介護認定審査会事業特別会計
        補正予算(第2号)
議第98号 平成25年度 羽島市駅北本郷土地区画整理事業特別会計
        補正予算(第2号)
議第99号 市道路線の認定について
請第 2号 消費税増税の実施中止を求める請願 

その後、追加議案として提出された
議第100号 市道路線の廃止について
議第101号 市道路線の認定について
について審議しました。
これらは、インター南部東地区 地区計画区域内に
企業進出があったため市道路線を変更するものです。
採決の結果、原案の通り可決となりました。

続いて、
発議第6号 次期ごみ処理施設建設事業に関する申し入れの決議
について審議しました。これは、
羽島市議会が、事業者である岐阜羽島衛生施設組合に対して、
今後進めるべき方策や組合全体としての取り組みを
積極的に進めることを申し入れるものです。
採決の結果、原案の通り可決となりました。

続いて、
発議第7号 新聞への消費税の軽減税率適用を求める意見書
について審議しました。この意見書は、
消費税の増税によって各家庭への経済的負担が増し、
新聞の購読を控える家庭が増えることが懸念されるとし、
文字離れ、活字離れが進み、国民の読み書き能力、
教養や常識が衰えていくことは、国の文化施策としても
好ましいことではないといった理由から、
消費税増税に際し、複数税率の導入と新聞に軽減税率を
適用することを要望するもの ですが、
なぜ新聞のみなのか?
図書、教科書、参考書、テレビ放送の受信料金、
インターネットにかかる費用など、
国民の読み書き能力や教養にとって大切な消費財が
多々ある中で、新聞だけというのは不公平ではないか。
食料品・生活用品への軽減税率適用は求めないのか?
暮らしに必要な食料品や生活用品よりも
新聞を優先するという誤ったメッセージとして
国民、市民に受け取られてしまうのではないか。

そのような疑問・懸念から、この発議には反対しました。
採決の結果は、賛成多数で可決となり、
国に対して意見書を提出することとなりました。

以上で、羽島市議会12月定例会 最終日の報告を終わります。
ラベル:議会 定例会
posted by FujikawaTakao at 10:00| 岐阜 ☁ | TrackBack(0) | 市政報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

ごみ処理施設建設特別委員会

ごみ処理施設建設特別委員会が開催され、
次期ごみ処理施設建設に関する決議について協議されました。

決議の内容は、
羽島市議会が、事業者である岐阜羽島衛生施設組合に対して、
今後進めるべき方策や組合全体としての取り組みを
積極的に進めることを申し入れるもの です。

議員発議により、議会最終日に諮られることとなります。
posted by FujikawaTakao at 13:30| 岐阜 ☔ | TrackBack(0) | 市政報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第六次総合計画審議会

総合計画審議会が開催され、傍聴しました。

今回は、平成27年度から10年間の羽島市の計画を定める
第六次総合計画基本構想案について話し合われました。
CIMG8708.JPG












今回から市民アンケートが導入され、
市民から多数の意見が寄せられました。
資料が膨大となり、読むのが大変でしたが、
興味深いご意見をいただくことができてよかったと思います。

一般質問のテーマを決める際には、こうした市民の意見を基にしていますので、
私にとっては大変貴重な資料となります。

羽島市のホームページでも公開されていますが、
残念ながら、
自由意見部分についてはカットされています。
http://www.city.hashima.lg.jp/0000005767.html

せっかくの貴重な意見ですので、その部分も公開し、
広く市民に知っていただいた方がよいのではと思います。
posted by FujikawaTakao at 09:30| 岐阜 ☔ | TrackBack(0) | 市政報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

岐阜☆青年市町村議員ネットワーク研修会

岐阜☆青年市町村議員ネットワークの研修会に参加。

今回の研修内容は、
@『スマートウェルネスぎふ』の取り組みについて
講師・・・岐阜市役所スマートウェルネス推進課
AB型C型肝炎問題について
講師・・・高岡伸匡弁護士(愛知県弁護士会所属)
      杉島健二弁護士(岐阜県弁護士会所属
です。

『スマートウェルネスぎふ』については、岐阜市の取り組み事例を学びました。CIMG8697.JPG













「暮らすうちに健康になれるまち」をコンセプトに、
総合特区制度を活用したまちづくりを進める岐阜市。
インフラ整備やイベントの実施などで、
車依存社会から歩きたくなるまちへの変遷を目指しています。

過去に羽島市では「歩・歩・運動(ぽぽうんどう)」
いう取り組みがありましたが、大切なことはやはり継続性だと思います。

継続していくために何が必要かとを尋ねると、評価システムが大切とのことでした。
岐阜市では、健康データやまちづくり度をチェックするシステムを構築するようです。
せっかくのシステムなので、広域で共有できる
(羽島市にもそのシステムを使わせていただける)といいなと思いました。


続いては、肝炎問題についてのお話で、
国の補償制度や訴訟の進め方などを学びました。
CIMG8707.JPG












厚生労働省の試算によりますと、
全国、150万人に上るB型肝炎患者、
200万人に上るC型肝炎患者の中に、
幼少期の集団予防接種の注射器の使い回しによる
感染被害者が50万人以上いるとされています。

ただこれまでに、訴訟に至ったケースは1万件程度で、
まだまだ救済制度が認知されていない可能性があります。
こうした制度をまずは知ること、そして広めていくことが大切です。

もしもお困りの方がいらっしゃいましたら、
是非お気軽にご相談ください。

連絡先
愛知県弁護士会所属 高岡伸匡 弁護士
電話 052−228−7243
FAX 052−228−7246

または、
B型肝炎訴訟名古屋(愛知・岐阜・三重)弁護団】
052−961−7088

【薬害肝炎名古屋(愛知・岐阜・三重)弁護団】
電話 052−950−3314
(開通時間 火曜または木曜日の 午前10時〜午後1時)
posted by FujikawaTakao at 15:00| 岐阜 ☔ | TrackBack(0) | 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。